マンスリーマンションで快適な東京の学生生活

東京の大学生活でマンスリーマンションの利点は、何と言ってもそのイニシャルコストの安さでしょう。

多くのマンスリーマンションは敷金や礼金が必要無いので、賃貸物件を借りる際に用意しないといけない費用が少なくて済みます。

また、マンスリーマンションの場合、家具や家電などが初めからセットで備え付けてありますから、一人暮らし用の家具や家電を揃える必要がありません。

これも部屋を借りる際に、大きくイニシャルコストを下げることが出来ます。

東京の大学はキャンパスを2つ持っている所が珍しくありません。

大きな大学ノ場合、2年間は郊外のキャンパスで過ごし、その後の2年間は都心部のキャンパスに通うことになることも多く、この場合、一般的な賃貸物件を借りてしまうと、敷金や礼金が無駄になってしまうことになります。

マンスリーマンションのような短期間借りる事を前提とした物件は、敷金や礼金が必要がない場合が多いので、このムダを省くことが出来、費用を安く済ませることができます。

引っ越す場合は、敷金や礼金だけでなく引越し費用も必要になりますが、この引越の費用をマンスリー契約タイプの物件なら家具や家電を運ぶ必要が無いので、引越しも手軽に出来ます。

東京で2年程度暮らしている大学生程度の荷物なら、普通の自動車でも運べるものでしょう、わざわざ引越しの業者に頼む必要もなく、キャンパスの移動をすることができます。

また、在学中に留学する場合なども、マンスリーマンションは費用的に大変有利です。

7月 8th, 2011 by Inoue Shouichi 2009-08-28

Leave a comment