個人経営の不動産屋です。マンションの経営をしています。

私の母の弟が個人のマンションの経営をしています。叔父の家は、子供がなく、私は叔父の家が近所だったため、よく遊びに行きかわいがってもらっていました。そして、叔父の仕事を小さいころからよく見ていました。叔父は跡取りが、いないことから、中学生のころから、私に、叔父さんの仕事を大きくなったら手伝ってほしいと言われていました。小さい時に何回か言われると、その気になるものです。私は、大きくなったら、叔父さんの仕事を手伝いたいと思っていました。

大学に入り、私は、建築を学びました。叔父さんの家を手伝う事を考えると、マンションの経営なので経営学と言いたいところですが、そちらは叔父さんに教えてもらえる、なので、建築を学んで、総合的に経営できればと思ったのです。私は熱心に勉強しました。母は、私のその姿を見て、熱心な態度に、叔父さんの仕事を継ぐのも良いのではないかと思ってくれたそうです。

そして私は、大学を卒業しました。すぐに叔父さんの所で仕事したい私に、母は、社会勉強のために、どこか建築会社に就職しなさい、とアドバイスされました。そこで、私は、不動産と建築を行っている総合的な会社に就職し、5年勉強しました。そして、叔父さんの不動産屋を手伝う事になりました。確かに、社会勉強はしておくものです。叔父さんは、私の仕事ぶりを見て、若いやり方に勉強することがある、と、感心し、頼ってくれました。マンションの経営はその後も順調に進んでいきました。

7月 8th, 2011 by Inoue Shouichi 2011-04-04

Leave a comment