今はメンタルトレーニングが必須の時代

スポーツ選手は、毎日の勝敗を分ける特別な経験をすることになり、これに加えて、自己管理にも徹底を期すほど精神的なエネルギー消費が多い。
また、選手たちは属している種目に応じて他の種類のストレスを受けます。
団体種目の選手たちは、チーム内での葛藤や団体生活の中で、主にストレスを経験することになって、
個人種目の選手たちは自分との戦いとすべてのことを自分で解決しなければならないという負担まで一緒に背負わなければならないことから来るストレスがあります。

この精神的なストレスは、直接体に表出されて競技力に影響を与えるため、新しいゲームを行うために、必ず、心理的な浄化を通じた
精神的な管理が必要になります。しかし、スポーツ選手は相対的に社会的な交流が少ないため、心理的な支持と支援を得ることができる環境が限られています。
「心理カウンセリングやメンタルトレーニングを遠く感じていますか?」
すでに米国や日本などのスポーツ先進国では、選手がスポーツ心理学者の助けを受けることが一般的です。
野球選手メジャーリーグ現役時代のスポーツ相談の専門家であるハーベイドープ博士からスポーツ心理療法を受けました。
野球だけではなく、ゴルフやアーチェリー、射撃などメンタルが重要な種目の選手たちはもうずいぶん前からスポーツ心理学者を介して精神的な安定を見つけてきました。
このようにメンタル強化は競技の質を向上させ、良い結果に直結するようです。
現在ではメンタルトレーニングは技術トレーニングと体力向上と共に必要なトレーニングだと認識されているようです。
益々今後メンタルトレーナーの需要が増えることでしょう!!

7月 8th, 2011 by Inoue Shouichi 2016-04-19

Leave a comment